オーガニクスキャットフードの特徴

オーガニクスは、オーガニック素材を95%以上使用した、米国農務省認定のUSDAオーガニックです。

これは日本でいうところの有機JASに相当し、許可が出た商品にのみUSDAマークを付けることが認められています。

原料には有機亜麻仁や有機クランベリー、有機ココナッツオイルなどのスーパーフードを使用したり、グレインフリーによってアレルギーや涙やけの改善に役立てたりしているので、多くの猫が安心して食べられるキャットフードです。

オーガニクスキャットフードの成分分析

まずは、以下の原材料と成分をご覧下さい。

・原材料

有機鶏肉、有機チキンミール、有機エンドウ豆タンパク、有機オートミール、有機エンドウ豆有機玄米、有機大麦、有機ひまわりの種ミール、有機ココナッツオイル、有機鶏脂肪(ミックストコフェロールで保存)、天然香料、有機亜麻仁、有機鶏レバー、有機乾燥アルファルファ、塩、塩化コリン、サーモンオイル、ビタミン(ビタミンE、ナイアシン、チアミン一硝酸塩、D-パントテン酸カルシウム、ビタミンA、ピリドキシン塩酸塩、リボフラビン、ビタミンD3、ビオチン、ビタミンB12、葉酸)、ミネラル(亜鉛アミノ酸錯体、鉄アミノ酸錯体、銅アミノ酸錯体、マンガンアミノ酸錯体、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム)、タウリン、有機クランベリー、塩化カリウム、ローズマリーエキス、乾燥バチルスコアギュランス発酵製品

 

・成分

粗タンパク質:32.0%以上、粗脂肪:14.0%以上、粗繊維:3.50%以下、水分:11.0%以下、オメガ6脂肪酸:2.5%以上、オメガ3脂肪酸:0.3%以上、カロリー:3726kcal/kg

※以上は、オーガニクス『オーガニックチキン&ライスレシピ』を参考にしています。

オーガニクスの原材料は、非常に安全性が高く、信頼できます。

また、猫には最も重要な有機鶏肉を豊富に使っているので、充分な摂取が可能です。

さらに、有機エンドウ豆や有機玄米など、ビタミンやミネラルが豊富に含まれている食材によって、天然の栄養素を取り入れることもできます。

ただし、オーガニクスでは『オーガニックチキン&ライスレシピ』のような穀物を使用しているタイプと、『グレインフリー チキン&ポテトレシピ』といった、穀物不使用のタイプがあるので、アレルギーを抱えている子を飼育している飼い主さんは充分に注意をしてください。

オーガニクスキャットフードの良い点悪い点

以下では、オーガニクスの良い点と悪い点をご紹介します。

・良い点  オーガニック

キャットフードは人間の食品と比べて安全性が低い商品が大半を占めていますが、オーガニクスでは有機原料を使用しているので、安心して飼い猫に与えることができます。

また、有機亜麻仁や有機ココナッツオイルなど、栄養価の高い食材も多く使用しているので、少量で充分な栄養を確保でき、体への負担が抑えられる点も大きなメリットです。

 

・悪い点  価格

あえてオーガニクスの悪い点を挙げるなら、1袋あたり(4.53kg入り)8,280円という価格です。

決してリーズナブルとは言えない価格なので、日常的に与えるのは厳しい方も多いのではないでしょうか。

オーガニクスキャットフードを食べない子がいるのはどうして?

オーガニクスでは、トウモロコシ・小麦・大豆などのアレルギーを引き起こしやすい穀類は不使用ですが、玄米や大麦といったイネ科の食材が使われており、これらは低アレルゲンで栄養が高い食材であるものの、それと同時に消化をしずらいという問題点もあります。

そのため、日頃からグレインフリーのキャットフードを食べ慣れている子は体への負担を嫌い、食べない場合があります。

この理由で食べない子は、フードをお湯を注いでふやかすとお肉の匂いに誘われて食べることが多いので、試してみる価値はありますよ。

オーガニクスキャットフード利用者の口コミ

口コミの投稿にご協力いただけますと幸いです。

Amazon販売ページはこちら

オーガニクスキャットフードは果たしておすすめ?総合評価は?

総合評価  B

原料の品質において、オーガニクスは良質なキャットフードです。

新鮮なチキンにはタンパク質だけでなく、免疫力を強化するビタミンやセレン、骨の健康をサポートするリンなどが含まれています。

さらに、フラックスシードやサーモンオイルに含まれるオメガ6脂肪酸やオメガ3脂肪酸によって、皮膚と被毛の健康状態を維持します。

ただ、高額な価格設定によりオーガニクスを購入できる飼い主さんは限られることでしょう。

そして個人的には、塩化カリウムを使用しているキャットフードは評価できません。

塩化カリウムは使用量によって、安楽死をさせる物質です。

ただ、一般的には、塩と一緒に摂取をすれば問題ないといわれています。

これらの理由から、良質なキャットフードですが、総合評価をBといたしました。

*筆者 btbj.fa 略歴*

動物好きが昂じてペット業に就職。

たくさんの飼い主さんのお悩みを伺う内、その多くがペットフードにあることを知り、健康寿命を延ばすことを念頭に、ネコちゃん・ワンちゃんおひとり毎に合ったペットフードを多くの飼い主さんに検討していただくため活動中です。