キャットフードの原材料として、「ビートパルプ」というものが使われていることがあります。

インターネット上で見受けられるキャットフードに関する情報では、悪い原材料の1つとしてピックアップされていることも多いようですが、いったいどいう原材料なのか、本当に悪いものなのか、その特徴について解説します。

ビートパルプとは?

ビートパルプとは文字通り、「ビート」の「パルプ」です。

ビートとは「テンサイ(砂糖大根)」のことで、寒冷地で生産される砂糖の原料です。

パルプとは「植物繊維」のことです。

つまり、ビートパルプとは、テンサイ(砂糖大根)から取れる食物繊維のことで、テンサイから砂糖を抽出した後に残る成分です。

ビートパルプは、家畜や馬などの飼料原料としても利用されています。

人間の食品用としては、「ビートファイバー」と呼ばれています。

ビートファイバーは、テンサイから砂糖を抽出した後に、薬品を使用せずに衛生的に製造された天然品の食品素材です。食物繊維を摂取するためのサプリメントとしても使われることが一般的です。

ビートパルプとビートファイバーには厳密な区別があるわけではありません。

製造工程によって品質は変わりますので、ビートパルプという名称でも、人間用のサプリメントと同等の品質・安全性の場合もあります。

ビートパルプのメリット

肉食動物である猫は食物繊維を消化・吸収することはできません。

しかし、食物繊維を摂取することには様々なメリットがあります。

食物繊維は、水に溶ける「水溶性食物繊維」と、水に溶けない「不溶性食物繊維」に分けられれます。

水溶性食物繊維は、胃の中で溶けてどろっとした状態に変化します。

胃腸内をゆっくり移動するので、満腹感が持続し、腹持ちがよくなるという効果もあります。

大腸内で水溶性食物繊維が発酵・分解されることで、腸内の善玉菌の食原となり、善玉菌の増殖や活性化を促して腸内環境を良好にする、プレバイオティクスとしての働きもあります。

不溶性食物繊維は、胃腸では溶けませんが、水分を吸収して大きく膨らみます。

容積が大きくなることで、満腹感を感じやすくなります。

水分を吸収して膨らんだ不溶性食物繊維は、大腸を刺激することで蠕動運動(消化した食べ物を腸の中で移動し、便を排出する動きのこと)を活発にして、便通を良くする効果があります。

このように、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維にはそれぞれ異なるメリットがありますので、キャットフードにはその両方がバランスよく含まれていることが望ましいといえます。

ビートパルプは、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方を含んでいる優れた食物繊維源です。

ビートパルプはキャットフードのカサ増しに使われているといった批判がよく見受けられます。

猫は食物繊維をエネルギーとして利用することはできませんので、ビートパルプでカサ増ししたところであまり意味がありません。

体重管理用のキャットフードには、通常よりも多くの食物繊維が含まれています。

満腹感を得やすくするためです。つまり、わざとカサ増しをしているわけです。

目的によっては、カサ増しはメリットでもあるわけです。

一部の粗悪なキャットフードでは、品質の低いビートパルプでカサ増しをして、コストを低減していることもあるようですが、大抵のキャットフードについては、ビートパルプはカサ増しのための原材料だと一律に批判するのは、ナンセンスといえるのではないでしょうか。

ビートパルプのデメリット

不溶性食物繊維は便を大きく硬くするので、便秘の場合には悪化することも懸念されます。

便秘対策には食物繊維を多く摂取して扇動運動を活発にさせること重要ですが、猫の体調や体質によってはデメリットとなることもあります。

粗悪なビートパルプには、テンサイから砂糖を抽出するときに使用している硫酸系の薬品が残留していることがあります。

薬品を使用して生成されたビートパルプは、人間用や家畜用に使用することが禁止されていますが、粗悪なキャットフードには利用されていることもあり、長期的に摂取すると、毒物が蓄積されることが懸念されます。

まとめ

ビートパルプは、ヒューマングレードの製品であれば、優れた食物繊維源となる原材料です。

猫の体に悪影響のあるようなビートパルプが使用されているキャットフードは、ビートパルプ以外の原材料も粗悪なものが使われていることがさほどでしょうから、ビートパルプ単体で判断するべきものでもありません。

的外れな批判も多いようですが、信頼のできるフードに使われているものであれば、避ける必要はないでしょう。

 

*筆者 yukiya.hi 紹介*

動物好きが高じてペットフード販売業を営む。大切な家族の一員として、体に良いペットフードをあげたいけれど、どうやって選べばよいのかわからないという飼い主さんに、カウンセリングを通して最適なフード選びを提案しています。