ウェルネスコアキャットフードの特徴

ウェルネスコアのキャットフードは、ウェルネスが販売しているキャットフードの種類で、厳選した自然素材を使用し、食べ物で体を作り、健康をサポートしています。

また、2017年10月にリニューアルをしており、タンパク質の含有量が全体の38.0%以上を占めている高たんぱくのキャットフードです。

その上、小麦やとうもろこしを一切使用していないので、猫の健康をサポートする上で優秀なキャットフードです。

ウェルネスでは他にも、同期ににリニューアルをした『ウェルネスシリーズ』があり、主に年齢・飼育方法・体重管理の3つに分類しています。

また、新製品の『ウェルネス穀物不使用シリーズ』は、その名の通り、小麦やとうもろこしなどの穀物を不使用としたグレインフリーのキャットフードで、ビタミンやミネラルをバランス良く配合しているので、免疫力の維持が期待できます。

ただし、えんどうやひよこ豆といった豆類は使用しているので、食物アレルギーの子に与える場合は、原材料を確認してから与えて下さい。

ウェルネスコアキャットフードの成分分析

まずは以下の原材料と成分表をご覧下さい。

・原材料

骨抜き七面鳥、骨抜きチキン、七面鳥ミール、チキンミール、えんどう、ニシンミール、鶏脂(ミックストコフェロールで酸化防止)、乾燥粗挽きじゃがいも、トマトポマス、粗挽き亜麻仁(オメガ-3脂肪酸源)、チキンエキス、サーモン油、クランベリー、チコリ根抽出物、乾燥こんぶ、ラクトバチルス・プランタルム※、エンテロコッカス・フェシウム※、ラクトバチルス・カゼイ※、ラクトバチルス・アシドフィラス※、ユッカ抽出物、ビタミン類(コリン、E、ナイアシン、A、B1、パントテン酸、B6、B2、D3、ビオチン、B12、葉酸、アスコルビン酸)、ミネラル類(亜鉛タンパク化合物、硫酸亜鉛、炭酸カルシウム、鉄タンパク化合物、硫酸第一鉄、硫酸銅、銅タンパク化合物、マンガンタンパク化合物、硫酸マンガン、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム)、アミノ酸類(タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物、スペアミント抽出物)
※乳酸菌

 

・成分表
たんぱく質 45.0%以上、脂質 18.0%以上、粗繊維 3.0%以下、灰分 10.0%以下、水分 10.0%以下、カルシウム 2.1%以下、リン 1.6%以下、ビタミンA 25,000IU/kg以上、ビタミンE 200IU/kg以上、タウリン 0.2%以上、オメガ-6脂肪酸 4.75%以上、オメガ-3脂肪酸 1.25%以上、総乳酸菌※数 1.9×105CFU/g以上、代謝エネルギー(ME):約397kcal/100g
※ラクトバチルス・プランタルム、エンテロコッカス・フェシウム、ラクトバチルス・カゼイ、ラクトバチルス・アシドフィラス

以上は、ウェルネスコアキャットフード『(高たんぱく質・穀物不使用) 成猫用(1歳以上) オリジナル』を参考にしています。

このキャットフードのタンパク質含有量は45%以上、そして代謝エネルギーは100gあたり約397kcalと、市販のキャットフードと比べると高い数値なので、室内と室外を行き来している猫や、運動量が多い猫、活発な猫には適したキャットフードです。

また、第一原材料には七面鳥とチキンを使用しているので、野生の猫の食生活を再現しようとしている事が伝わります。

ただ、気に掛かる点もあるのでご紹介します。

家禽副産物不使用だが、ミール原料使用

家禽副産物とは、一般的に食用として使わない頭・足・腸・羽などのことを意味しており、ウェルネスコアキャットフードにおいては頭・足・腸の3種類の部位を家禽副産物として表現をしています。

そのため、ウェルネスコアキャットフードに使用している七面鳥ミールやチキンミールといったミール原料にはこれら3つの副産物は使用されていません。

しかし、ミール原料に使用してる素材は状態が悪いものや、病気や怪我などで亡くなった動物、そして肉以外のもの(鳥の糞や埃)などがレンダリング(#1)を行なう際に多少、混入することがあり、そのことについて問題は無いので、ミール原料を使用している場合は、必ずしも良質な食材を使っているわけではないことを認識しておくことが大切です。

(#1)レンダリング
レンダリングとは、肉や魚を捌いた際の副産物を高熱処理し、油脂を抽出することです。
この油脂は、動物性油脂やフィッシュエキスなどとよばれており、ウェルネスコアキャットフードでは鶏脂などを使っています。
そして、抽出した際にでた残りカスは、チキンミールや魚粉などとよばれることがあります。

トマトポマス

取り立てて悪いという訳ではありませんが、トマトポマスとはトマトジュースなどを作る過程で、殆どの果肉が取り除かれたトマトの皮(残りカス)のことです。

食物繊維やビタミン、リコピンなど、大切な栄養素は残っているものの、その量が少ないので、総合栄養食(#2)に使う場合はサプリメントなどにより栄養の添加に頼らざるを得ないのが現状です。

なので、5年先、10年先の健康を考えるのであれば、栄養は天然の食材から得たキャットフードがより体に良いでしょう。

(#2)総合栄養食
総合栄養食とは、その製品と水だけで必要な栄養素が確保できるフードのことです。

キャットフードでは、カリカリと呼ぶ方もいます。

ウェルネスコアキャットフードの良い点悪い点

以下では、ウェルネスコアキャットフードの良い点と悪い点をご紹介します。

・良い点  栄養バランスが適切

総合栄養食なので、栄養バランスが優れているのは当たり前のことですが、猫本来の食生活を考えて食事をさせたいのであれば、ウェルネスコアキャットフードは栄養バランスにおいて非常に優れています。

遊ぶことが大好きな子や、活発な品種には、嬉しいキャットフードです。

 

・悪い点  高値

ウェルネスコアキャットフードは、400gあたり1,264円(Amazon参考)と決して安値ではありません。

また、前項の成分分析でご紹介をした内容を踏まえると、個人的には割高に思えます。

ウェルネスコアキャットフードを食べない子がいるのはどうして?

ウェルネスコアキャットフードは、香料を一切不使用としているため、食材が持つ味が活かされています。

そのため、香料を使っているキャットフードを食べ慣れている子や、サプリメントを殆ど使っていないキャットフードを食べていた子は、「美味しくない」「違和感がある」などの理由から食べてくれないことが多いものの、その子が好きなトッピングを加えてあげると食べることが多いです。

ウェルネスコアキャットフード利用者の口コミと総合的な評価

ウィルネスコアキャットフード利用者の悪い口コミ

穀物、遺伝子組換えポテト、着色料、香料不使用。という素晴らしいフードなのに、うちの猫は嫌がる。

男性3(イマイチ)

穀物、遺伝子組換えポテト、着色料、香料不使用。
という素晴らしいフードなのに、うちの猫は嫌がる。
食べたら粒のコロコロした厚みが噛みづらいようで口の中を痛めた様子。
頑張って食べようとするけど噛めなくて「ペッ」と吐き出す(抜歯なしの若い猫です)。
とても良い材料を使っているので残念。普段は平たいフード(ニュートロ穀物フリー)を食べているので、粒の形が平たいものが発売されたらきっと食べてくれるのでは?と期待しています。

引用:Amazon

ウィルネスコアキャットフード利用者の良い口コミ

猫の食事管理がしやすくなりました。

男性2(若者)

評価:90点

食物繊維や乳酸菌といった複数の栄養素が配合されていて猫の食事管理がしやすくなりました。
小粒サイズなので食べやすいキャットフードになっていますし、香りも人工的な感じや違和感も全くないので、自然食という形で食べさせられているのがメリットでした。
また穀物を使用していない製品なので以前よりも食べ進みが早くて猫自身も満足感を得ている印象です。
サーモン以外にも味の種類が用意されていますが、こちらが一番食事の時の反応が良いです。

飼い猫情報:マンチカン・1歳 使用キャットフード:ウェルネス 穀物不使用 室内猫用(1歳以上) サーモン 使用期間:2ヵ月

猫ママ仲間の間でも評判の良いプレミアムキャットフード

女性2

評価:95点

ウエルネスコアは猫ママ仲間の間でも評判の良いプレミアムキャットフードで、穀物を一切使用しておらず新鮮なチキンの肉が中心に使われていて良質の動物性タンパク質が自然に摂取できるように工夫されています。
袋を開けると猫がすっ飛んでくるぐらい美味しいようです。
穀物が入っていないので消化も良く便が臭くありません。栄養バランスも取れているのでこれ一種類だけで毛艶よく常にアクティブでとても健康です。
カロリーが少し高めなので毎日きちんと給餌量は計量するようにしています。

飼い猫情報:日本猫雑種・4歳 使用キャットフード:ウエルネスコア 室内猫用骨抜きチキン 使用期間:3年

愛猫が下痢に悩まされているならぜひとも試してもらいたいフードです。

男性1

ウチは3歳のロシアンブルー雌ですが、これまで一番のお気に入りだったドライフードが最近穀物の比率が上がったらしく、定期的に下痢になることが多くなってしまいました。
ですが、これに変えてからは今のところ全くおなかはユルくなっておらず、いつもの硬く健康的な形が確認できるので、毎日安心して外出できています。
ちなみに消費期限は約1年先でした。
これまでのフードから切り替えつつ時間をかけて慣らしていこうと思っている場合でもとても安心できる期限だと思います。
かなりプレミアムなお値段でコスパは少し微妙なのですが、愛猫が下痢に悩まされているならぜひとも試してもらいたいフードです。

引用:Amazon

ウェルネスコアキャットフードは果たしておすすめ?総合評価は?

総合評価  C

ウェルネスコアキャットフードではグレインフリーを扱っている上、人工の着色料や香料が不使用という点においては非常に優れています。

しかし、添加しているサプリメントの種類の多さや、素材の質(ウェルネスコアキャットフードではヒューマングレードを使用していません。)など、キャットフードを製造・販売する上では問題ないものの、より良質なキャットフードを求めている飼い主さんにとっては物足りなさを感じるキャットフードという印象です。

また、ウェルネスコアキャットフードの価格を考慮すると、アカナやシンプリーといった、よりハイレベルなキャットフードも選べるので、そちらも検討してみる価値はありますよ。

*筆者 btbj.fa 略歴*

動物好きが昂じ、2014年よりペット業に就職し、たくさんの飼い主さんのお悩みを伺う内、その多くがペットフードにあることを知り、健康寿命を延ばすことを念頭に、ネコちゃん・ワンちゃんおひとり毎に合ったペットフードを多くの飼い主さんに検討していただくため活動中です。