猫界のダックスフンドといわれるマンチカン。

長い体と短い足のアンバランスさがかわいい、ただいま人気急上昇中の猫です。

最近ではペットショップでも見られることが多くなった猫種ですが、ペットには適しているのでしょうか?

そこで今回はマンチカンを取り上げたいと思います。

マンチカンってどんな猫?

マンチカンの歴史は、1983年にアメリカのルイジアナ州で発見された猫から始まりました。

誰かが足の短い猫を作ろうとしたのではなく、突然変異によって発生した種類です。

当時発見された足の短い猫は4匹の猫を出産したそうですが、そのうち足の短い猫は2匹だけだったといいます。

見た目の可愛らしさから、愛玩目的で広くブリーディングされるようになっていきましたが、マンチカンという猫種として認められたのは1995年です。

体重は3~6kg、尻尾はほぼ体と同じ長さをしています。

品種改良されたようなイメージがありますが、実は突然変異で生まれた猫だったのですね。

マンチカンの性格

マンチカンは好奇心旺盛で活発な猫です。

足は短いですがパワフルに遊び回ります。

甘えん坊気質の子も多く、人なつこさもあるのでペットに向いている猫といえるでしょう。

マンチカンの毛質、毛色

マンチカンの毛は短毛種と長毛種があり、どちらもシルクのようななめらかな被毛をしています。

長毛種の場合、毛のお手入れとして毎日のブラッシングが必要です。

毛色はブラックやブルー、チョコレート、ホワイト、レッド…など、カラーバリエーションがとても豊富です。

マンチカンのスタンダードでは体型が重視されるため、どんな毛色や模様であっても認められます。

マンチカンの魅力

マンチカンのユニークな体型は賛否両論あります。

「足が短いところが長所だ」と捉える人もいれば、「猫らしくない」と考える人もいます。

見た目ばかり注目を浴びてしまいますが、マンチカンの魅力は他にも沢山あるのです。

足は短いけど、運動が大好き

マンチカンが足が短いので運動が苦手そうに見えるのですが、実は運動量の多い猫種です。

走り回ったり、高いところに登ったり…と元気に動く姿は、他の猫の動きと遜色ありません。

ジャンプは少し苦手ですが、小回りが得意なので華麗にコーナリングしてみせます。

またマンチカンは、2本足で立ちあがったり、前足を突き出して座り込んだりと、独特なポーズを構えることがあります。

マンチカンならではの可愛らしい仕草に誰もが釘付けになるでしょう。

目の色が豊富

マンチカンは毛色の種類も豊富ですが、目の色も色彩豊かです。

現在確認されている目の色では、グリーン、ヘーゼル、イエロー、ゴールド、オレンジ、カッパー、オッドアイ、サファイヤブルー、ブルー、アクア、とバリエーションに富んでいます。

毛色や毛質、目の色がさまざま存在しているので、他の猫と見た目が被ることはあまりないのではないでしょうか。

誰も飼っていない珍しい猫が飼いたい!と考えている方にはおすすめです。

足の短いマンチカンは貴重

マンチカンといっても、生まれてくる子猫がすべて足の短い猫とは限りません。

足の短いタイプが生まれるのは2割とされています。

なぜ足の短い猫と長い猫がいるのかというと、マンチカン同士の交配は遺伝的疾患のリスクが高いため、純血種同士の交配は認められていないことに起因します。

そのため足の短いマンチカンはレアな種類として、人気の理由に繋がっているのかもしれません。

マンチカンの価格

マンチカンの価格はだいたい10~30万円が相場になっています。

マンチカンのスタンダードに近いものが高値になりやすいため、足の長いタイプのマンチカンは比較的安価となっています。

メスは子供を産めることから、オスよりもやや高い傾向にありますが、大幅な違いはないようです。

専門のブリーダーでは毛色や模様が豊富に揃っていることがあるので、理想のマンチカンを探しやすいと思います。

マンチカンがかかりやすい病気

マンチカンは特徴的な体をしているので、特に骨のトラブルが多いです。

また、いろいろな種類と掛け合わされて作出されているため、交配した猫種によってもかかりやすい病気が変わります。

ここでは主にマンチカンがかかりやすいとされる病気をご説明します。

骨折、脱臼

マンチカンは足が短いため、高い所から落下すると骨折や怪我の元になります。

遊びに夢中になりすぎて思わず落下してしまう、なんてことも有り得る話です。

活発な猫なので思い切り遊べる環境は必要だと思いますが、怪我をさせないような環境作りが大切になります。

また、目を離した隙に怪我をしてしまう場合もあるので、足を引きずる、ふらふらと歩く、足を触ると嫌がるなどの状態が見られたら、動物病院で診てもらいましょう。

椎間板ヘルニア

犬のダックスフンドと同じように、足腰に負担がかかりやすい体型をしているので、椎間板ヘルニアを発症する可能性があります。

椎間板ヘルニアは、椎間板が脊柱管内に突き出すことでさまざまな神経症状を引き起こします。症状としては痛み、運動失調、歩行困難などがみられ、酷い時は自力で歩けないことも。

足の長いタイプであればそこまで心配する必要はありませんが、短い足のマンチカンを飼う場合には、注意しておかなければならない病気の1つです。

毛球症

長毛種のマンチカンがなりやすい病気です。

毛づくろいをした際に毛を飲み込み、うまく排出されないまま胃の中で毛の塊ができてしまう状態を指します。

毛の塊が正常な胃の働きを邪魔するため、吐き気や食欲不振が見られるようになります。

現在は毛玉ケアのキャットフードも販売されていますが、定期的なブラッシングを行うことでも予防できます。

マンチカンを飼う上での注意点

マンチカンは穏やかな性格で、鳴き声も小さいので、初めて猫を飼う人や、1人暮らしであっても飼いやすい猫といえます。

多頭飼いも問題なく行えペットとしての需要は増えるばかりですが、特殊な猫であるために、事前に注意点を把握しておく必要があります。

落下に注意

先ほども書いたように、マンチカンは高い所から落ちると怪我をしやすいので、落下には十分気をつけなければなりません。

猫は上下運動を好む生き物ですが、マンチカンはジャンプが不得意です。猫と一緒に遊ぶときはジャンプさせるような遊びは避け、落下による怪我を防ぎましょう。

肥満にならないよう食事管理を

肥満になると足腰に負担がかかり、骨や関節のトラブルを引き起こします。

可愛いペットを前にすると、ついつい美味しいおやつを与えてしまいがちですが、1日の給餌量を守り、肥満にならないように管理しましょう。

キャットフードは基本的にドライタイプを与え、体調を崩したり、食欲が落ちたりした時にウェットタイプのものを与えると良いです。

タイプに合った飼育が大事

マンチカンは同じ純血種同士の交配が認められていないため、他の猫や足の長いマンチカンとの交配を行うのが一般的です。

そのためさまざまなタイプのマンチカンが誕生します。

スコティッシュフォールドと掛け合わされた猫は垂れ耳になる場合がありますし、カールした被毛を持つスクーカムと呼ばれる猫もいます。

そのため、タイプに合わせた日々の飼育管理が重要になるでしょう。

まとめ

マンチカンは胴長短足ですが、通常の生活に支障はありません。

猫らしい体型ではありませんが、マンチカンだけが持つ愛らしさや陽気な性格は見るものを惹きつけて止みません。

マンチカンを飼う人はまずその俊敏さに驚くのではないでしょうか?

足の短いマンチカンが注目されがちですが、足の長いマンチカンも意外性があって良いかもしれません。

身体的な特徴、毛色や模様、目色などを吟味して、あなたに合ったマンチカンを選んでみてくださいね。