人間は雑食動物ですが、猫は完全肉食動物です。同じ哺乳類でも、その食性は異なり、消化器官の性質や、特定の成分が身体に与える影響も違います。

人間にとっては大丈夫でも、猫にとっては害となる食物もあります。

猫が食べてはいけない食べ物について解説します。

猫が”絶対”に食べてはいけない食べ物

猫にとって強い毒性があり、食べると中毒症状を示し、場合によっては命の危険性もある食物を紹介します。

ネギ類

長ネギ、ニラ、ニンニク、タマネギ、ラッキョウといったネギ属には、アリルプロピルジスルファイドという成分が含まれています。

アリルプロピルジスルファイドは猫の血液中のヘモグロビンを酸化させることで、赤血球を破壊してしまい、貧血や血尿を引き起こします。

他にも中毒症状として、嘔吐・下痢や呼吸困難を引き起こすこともあり、非常に危険です。

症状の重さは個体差によりますが、最悪の場合は死にも繋がるので、絶対に与えてはいけません。

加熱しても毒性は消えませんので、ネギ類そのものだけでなく、カレーやハンバーグ、肉じゃがなどネギ類を使った料理も誤って食べてしまうことがないように注意が必要です。

カカオ

カカオに含まれているテオブロミンという成分が中毒を引き起こしますので、カカオが含まれているチョコレートやココアなどは与えてはいけません。

食べた直後には症状は現れず、摂取してから数時間後に症状が出ます。

中毒が起こると、消化不要、多尿・下痢、嘔吐などが現れ、ひどい場合は痙攣や呼吸困難、不整脈を誘発して死に至ることもあります。

中毒を起こす危険量や致死量については諸説あり、当然個体差もありますが、250~500mg/kgといわれています。

チョコレートのデオブロミン含有量は、100~1,000mg/100g程度と幅がありますので、デオブロミン含有量が250mgとなるチョコレートは、25~250g程度となります。

板チョコ一枚は50g程度なので、デオブロミン含有量の多いブラックチョコレートの場合は、一枚の半分程度でも食べてしまうと危険です。

なお、デオブロミンは茶にも含まれますが、微量なので中毒の心配はほとんどありません。

ユリ

食べ物ではありませんが、猫にとってユリは猛毒です。

誤って食べてしまうと中毒を引き起こし、腎臓に重篤な障害を発生して、死に至ります。

猫を飼っている家庭では、ユリを飾ることは避けましょう。

猫が食べない方がよい食べ物

即座に中毒症状を起こすことや、命への危険はないものの、猫は食べない方がいい食物を紹介します。

牛乳

猫は、牛乳に含まれる乳糖(ラクトース)を分解するラクターゼという消化酵素を持っていません。

人間でいうところの、乳糖不耐症に該当します。

牛乳を飲むと、消化不良や下痢の原因となりますので、与えないようにしましょう。

生の魚介類、甲殻類

生の魚介類や甲殻類、特に貝類や淡水魚には、チアミナーゼという酵素が含まれていることがあります。

チアミナーゼは、チアミン(ビタミンB1)を分解する酵素で、チアミナーゼを多く摂取するとビタミンB1不足となります。

「猫にイカ刺しを与えると腰を抜かす」という言葉を耳にしたこともあるかと思いますが、生のイカに含まれるチアミナーゼによる影響でビタミンB1不足が起き、麻痺症状が現れることによります。

チアミナーゼは、熱を加えると失活しますので、生では与えず、加熱処理をしてから与えれば問題ありません。

硬水(ミネラルの多い水)

ミネラルが多く含まれている硬水は、即座に問題を生じることはありませんが、長期的な摂取は避けたほうがよいでしょう。

マグネシウムやカルシウムといった成分を多く摂取することは、腎結石(尿石)のリスクを高めることにつながります。

人間用に調理されたもの全般

人間用に調理されたものは、基本的に与えないようにしましょう。

意図せずにうっかりと猫にとって害のある成分を与えてしまう恐れがあります。

また、人間用に調理されたものには、多くの塩分が含まれています。

ただし、腎臓や肝臓などに問題がある猫の場合は、負荷がかかり病状を悪化させることになりますので、特に注意が必要です。

ドッグフード

ドックフードは猫用に作られたものではありません。

一時的に少量与えるのであれば問題ありませんが、長期的な摂取は避けましょう。

猫にとって必須の栄養素である、タウリンや、アラキドン酸など猫にとって必須の成分が、ドックフードには十分な量が含まれていませんので、長期的にドックフードだけを与えていると栄養失調になります。

また、犬は雑食性がありますので、ドックフードは猫にとって低タンパク質、高炭水化物となっています。

激安で低品質なキャットフード

激安で、異常に低品質なキャットフードには、大量の副産物や、添加物が含まれていることがあります。

人間の食用にはならないような粗悪なフードを長期的に与え続けるのは避けたいところです。

*筆者 yukiya.hi 紹介*

動物好きが高じてペットフード販売業を営む。
大切な家族の一員として、体に良いペットフードをあげたいけれど、どうやって選べばよいのかわからないという飼い主さんに、カウンセリングを通して最適なフード選びを提案しています。