猫はグルメだと聞いたことはありませんか?
ある日突然、ずっと食べていたキャットフードを食べなくなることや、美味しいものを食べてしまうと、それより美味しくないものは食べなくなってしまうことがあります。
しかし、もしかするとそれは、グルメなだけでなく、キャットフードが酸化している合図なのかもしれません。

キャットフードの酸化

猫は、私たち人間より体重当たりのカロリーを多く必要としています。
そのため、キャットフードにはエネルギー源となる油脂成分の含有量がとても多いです。
油脂成分は、エネルギー源になる他、栄養成分においても重要な役割を担っているのですが、問題点もあります。

それは、時間が経ち空気に触れる時間が多くなると酸化してしまうということです。
キャットフードが酸化をすると、フード自体の嗜好性が落ちるだけでなく、時に身体に悪影響を及ぼす危険性もあります。
また、キャットフードには、猫が必要としているビタミン類も配合されているのですが、酸化が進むにつれ、ビタミンの有効性も低くなってしまうのです。

こうした問題を少しでも軽減させ、酸化スピードを遅らせるために使用されているのが、酸化防止剤です。
実は、キャットフードには酸化防止剤が使用されており、それにより品質が保たれているのです。

酸化を防ぐ酸化防止剤とは

酸化防止剤には、天然人工の2種類があります。
キャットフードには必ず使用されているので、是非、ご自宅のキャットフードのパッケージを見てみて下さい。

天然の酸化防止剤

クエン酸・ビタミンC・ローズマリーの抽出物などが代表的な酸化防止剤です。
この中でも、ローズマリーの抽出物は使用頻度が多いため、一度は目にした方もいるのではないでしょうか。

人工の酸化防止剤

一方、人工的に作られた酸化防止剤は、発がん性などがあることから身体への影響が懸念されます。
特に多く使用されている酸化防止剤が、エトキシキン・BHA・BHTの3種類で、それぞれ発がん性があるのですが、使用量が決められているため健康には害が出ないのが特徴です。

そのため、キャットフードに使用されていたからといいて必ずしもガンを誘発するわけではありませんが、少量であれそのような添加物を口にするのですから、出来れば避けたいという飼い主さんも多いでしょう。
その場合は、天然由来の酸化防止剤が使用されてるキャットフードを選ぶと良いでしょう。

キャットフードは密閉保存をしよう

猫はグルメとよく言われます。

実際に、ある日突然ずっと食べていたキャットフードを食べなくなることがありますし、美味しいものを食べてしまうと、それより美味しくないものは食べなくなってしまうこともあります。
そのため、猫にキャットフードを与えるときは、常に開けたての新鮮な状態のフードが望ましいです。

ここで大事なのが、キャットフードの保存方法です。
保存方法を少し変えるだけで、嗜好性が落ちるスピードを遅くすることができるため、是非、試してみて下さい。

タッパーやジップロックを使用して小分けに保存

目安としては、1週間分ずつくらいを取り分け、タッパーやジップロックに入れ密閉に近い状態で保存をします。
また、保存をする際は、常温で日の当たらない涼しい場所で保管するようにしましょう。

フードストッカーで保存

1ヶ月程度の保存であれば、フードストッカーを使用しても問題ありません。
ジップロックやタッパーと同じような保存方法ではありますが、1ヶ月分位をひとつの容器で保存ができるため、保存場所にも困らないかもしれません。

密封保存容器にて保存

密封の保存容器を使用することにより、最大で1ヶ月分保存することが可能です。
密封であれば、真空状態に近くなるため、酸化スピードを遅くすることが十分に可能です。

*筆者 ryooooo.co 略歴*
動物看護士として働く傍ら、人間と動物がもっと楽しくお互いが幸せに暮らせるように、医療に限らず動物の食・法律・暮らしについて日々勉強しています。