完全肉食動物である猫のために作られているキャットフードは、成分としてはタンパク質が最も多くなります。
ですから必然的に、原材料として多く使われているのは、肉類(チキン、ビーフ、ラムなど)または魚類(サーモン、ニシン、イワシ、カツオなど)となります。
※低品質なフードの場合、肉・魚類よりも小麦やトウモロコシがタンパク質源として多く使われていることがあります。

肉類と魚類はどちらがよいのか、メリットとデメリットを解説します。

猫は陸上での肉食動物

猫は元来、小動物を捉えて食物としています。
一部、海の近くに生息する野生のヤマネコには魚を捉えて食べる種もいますが、ほとんどは、小型の哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、昆虫を捕食しています。
そういった意味では、肉類の方がより自然に近い食物であるといえます。

猫が魚好きというイメージは、日本人特有のものです。
海に囲まれた日本では、漁港近くで取れた魚を与えられて、それを美味しそうに食べるので魚好きというイメージがついたとされています。

猫が好きな食べ物のイメージは国によって様々で、アメリカではピザ好き、イタリアではパスタ好き、インドではカレー好きといったイメージを持たれているようです。
要は、その国で人間がよく食べているものを猫に与えたら、美味しそうに食べるので、猫もそれが好きだというイメージがついてしまったということです。

美味しいものと体によいものは異なります。
実際に、漁港近くで生の青魚ばかりを与えられていて病気になってしまったというケースもあります。
ピザやパスタ、カレーなど、人間用に調理されたものは猫に与えてはいけません。
当然、ねこまんま(ご飯に味噌汁をかけたもの@関東、ご飯に鰹節と醤油をかけたもの@関西)もダメです。

肉類と魚類はどちらがよいか

結論からいうと、肉類も魚類もよい原材料であり、どちらかが優れているという訳ではありません。

肉類も魚類も、生物価やアミノ酸スコアが高く、質の高い優れたタンパク質源です。
タンパク質の質は、肉類&魚類>小麦&トウモロコシとなります。完全肉食動物の猫にとっては、動物性タンパク質が大切です。

キャットフードの原材料表記には、使用量が多い順に記載されますので、一番最初に肉類か魚類の具体的な名称が記載されているものを選びましょう。
その上で、肉類と魚類のどちらがよいかは、愛猫の好みで選ぶとよいでしょう。

いきなりタイトルを否定するような結論を書いてしまいましたが、肉類と魚類には特徴もありますので、メリットとデメリットを紹介します。

肉類に対する魚類のメリット

魚類には、肉類にはないω-3(オメガ-3)脂肪酸が多く含まれています。
ω-3脂肪酸は、抗炎症物質として作用し、脳や筋肉への酸素供給を改善したり、皮膚・被毛の状態を改善するなどのよい効果があります。腎臓病、心臓病、癌にも効果的です。
ω-6脂肪酸の過剰摂取による炎症を抑える作用もあります。

肉類に対する魚類のデメリット

前述の通り、猫の食べ物といえば「魚」を思い浮かべがちな日本人にとっては意外なことですが、魚類は猫にとって比較的アレルギーを起こしやすい食物とされています。
※ただし、肉類でもビーフ(牛肉)は魚類同様にアレルギーを起こしやすい食物なので除きます。

猫は犬と比べると食物アレルギーを起こしにくい動物であり、魚アレルギーの猫の絶対数は少ないので、デメリットというほどではありませんが、魚類を使用したキャットフードに切り替えた際に、アレルギー症状が疑われるようでしたら、魚類を使用していないフードに変えて様子をみるとよいでしょう。

肉類おすすめフード「カナガンキャットフード」
魚類おすすめフード「モグニャンキャットフード」

*筆者yukiya.hi略歴*

動物好きが高じてペットフード販売業を営む。大切な家族の一員として、体に良いペットフードをあげたいけれど、どうやって選べばよいのかわからないという飼い主さんに、カウンセリングを通して最適なフード選びを提案しています。