犬と違い単独行動を好む猫は、犬のようにリーダーを持たないため、飼い主の言うことに従うことはまずありません。

しかし、人間社会で暮らす猫にも、最低限のしつけやマナーは覚えて欲しいものです。

しかし、そもそも単独行動をする猫にしつけは必要なのでしょうか?ここでは、そんなしつけに関する疑問にお答えします。

そもそも猫はこんな生き物

犬は、群れを作って生活をする生き物なので、群れの中にいるリーダーの指示に従う習性があります。そのため、犬は飼い主をリーダーだと思い、飼い主に忠実に従うのですが、猫は違います。

そもそも猫は、群れは作らず単独で生活をする生き物です。

自分自身の身を守るために、自分のことは自分で判断する習性があります。そのため、犬のようにリーダーなどの命令に従う必要もなかったのです。

その名残が今でも残っているため、「猫はしつけがいらない」と言われているのですが、実は、猫もしつけを教えれば学習することができます。ただ、犬のように学習する必要があまりないだけなのです。

猫にしつけをするなら・・・

猫にはしつけがいらないと言われていますが、私たち人間社会で暮らしていくためには、ある程度のしつけは必要と言えます。しかし、犬のようにしつけを行うとは違います。

そもそも猫は、高いところに昇りたがったり、テーブルの上を歩いたり、爪を研いだりしますが、それは猫にとって問題行動ではなく当たり前の行動と言えます。

つまり、それをしつけで制限することはできないのです。それでは、猫にはどのようにしつけを行えば良いのでしょうか。

例えば、猫の習性を理解し、高いところやテーブルの上に、落とされたら困るような物を置かないようにすることも必要です。

また、爪を研ぐ癖が強い子の場合は、爪研ぎの場所を増やしてあげたり、色々なところでトイレをしてしまう子には、何か所かトイレを置いてあげるなどの工夫をすることです。

すでに説明をしていますが、猫は単独行動をしてきた生き物のため、飼い主の言うことには忠実に動きません。そのため、しつけをする場合、しつけというより【提案】といった形で猫が暮らしやすい家作りをすることが必要なのです。

このように、猫が暮らしやすい環境を作ってあげることで、自然と身につくようになり、結果としてしつけができている状態になるというわけです。

猫はきれい好きな生き物

猫のしつけで忘れてはいけないのが【トイレ】です。

犬は、お家に迎え入れたらすぐにトイレトレーニングが始まり、トイレを覚えるまでに少し時間を要します。
実は猫にもトイレを覚えさせる必要があるのですが、猫の場合は、簡単にトイレを覚えさせることが可能です。

そもそも猫には、「砂の上で排泄をしたい」という本能があるため、砂を用意してあげると簡単に覚えることが出来ます。
もちろん多少の個体差はあるため、トイレが分からず困っている場合はトイレの場所まで導いてあげましょう。
何度か繰り返すうちに、トイレを覚えるようになります。

また、猫はきれい好きな生き物なので、排泄をするトイレは常にキレイに保てるようにしてあげましょう。
そうすることで、トイレ以外で排泄をすることもなくなりお互いにストレスのない生活をすることができます。

特に猫の場合、ストレスを感じてしまうと特発性膀胱炎になる可能性が高まるため、ストレスには注意が必要です。

猫と一緒に暮らすならば、猫の習性を理解しお互いが困らないような環境作りをすることが必要になります。
また、その行動が、結果として猫にストレスを感じさせない【しつけ】にも繋がるのです。

*筆者ryooooo.co略歴*

動物看護士として働く傍ら、人間と犬がもっと楽しくお互いが幸せに暮らせるように、医療に限らず犬の食・法律・暮らしについて日々勉強しています。