ナチュラルバランスキャットフードの特徴

ナチュラルバランスキャットフードでは、猫本来の性質に着目して、フードを製造をしています。
そのため、猫が患いやすい泌尿器系への負担を抑えるため、肉類を主原料とし、利尿作用があるクランベリーを配合し、デトックスにも力を入れています。

また、国で使用を制限しているBHT、BHA、エトキシキンなどの人工保存料、科学着色料、化学薬品は一切使用していません。

ナチュラルバランスキャットフードの成分分析

まずは以下の原材料と成分表をご覧下さい。

・原材料
チキンミール、玄米、鶏肉、オート麦、チキン肝臓、サーモンミール、鶏脂肪(天然混合トコフェロールで酸化防止)、ダックミール、自然風味、ニシン油、豆ファイバー、オートファイバー、ブリュワーズドライイースト、塩、塩化カリウム、DL−メチオニン、塩化コリン、亜鉛アミノ酸キレート、硫酸亜鉛、硫酸鉄、鉄アミノ酸キレート、硫酸銅、銅アミノ酸キレート、亜セレン酸ナトリウム、硫酸マンガン、マンガンアミノ酸キレート、硫酸銅、銅アミノ酸キレート、亜セレン酸ナトリウム、硫酸マンガン、マンガンアミノ酸キレート、ヨウ素酸カルシウム、タウリン、Lアスコル2ポリフォスフェイト(ビタミンC)、L-トリプトファン、ビタミンE、ナイアシン、一硝酸チアミン、Dカルシウムパントテン酸塩、ビタミンA、ピリドキシン塩酸塩、リボフラビン、ビオチン、ビタミンB12、葉酸(ビタミンB)、ビタミンD3、天然混合トコフェロール、乾燥クランベリー、乾燥ブルーベリー、L−リジン、乾燥ケルプ、乾燥ユッカシジゲラエキス、ローズマリーエキス

 

・成分表
粗蛋白質 34.0%以上、粗脂肪 17.0%以上、粗繊維質 3.0%以下、水分 10%以下、EPA&DHA 0.35%以上、カルシウム 1.2%以上、リン 1.0%以上、オメガ3 0.5%以上、オメガ6 2.5%以上、タウリン 0.15%以上、尿中pH 6.2〜6.4、カロリー 365kcl/100g、可消化エネルギー 90.0%

 

以上は、ナチュラルバランスキャットフード『オリジナルウルトラ ホールボディヘルス チキンミール&サーモンミールフォーミュラ』を参考にしています。

ナチュラルバランスキャットフードでは、猫の体質に着目してフードの製造をしているだけあって、野生の猫が食べているチキンの肝臓も使用しており、ビタミンAやビタミンB郡も取り入れることができます。
しかし、気になる原料や成分数値も見受けられるので、ご紹介します。

・ミートミールを使用
ナチュラルバランスキャットフードで使用している肉は、チキンミール、サーモンミール、ダックミールといったミートミールです。
キャットフードに使われているミートミールには4Dミート(#)などの劣悪な肉を原料としている可能性も高く、良質な原材料とは言い難いです。

(#)4Dミート
4Dミートとは、「Dead(死亡した)」「Dying(死にかけている)」「Diseased(病気)」「Disabled(怪我)」の4つの頭文字を取ったアメリカの造語です。
品質が悪い肉を示すときに使われます。

キャットフードで絶対に避けたい4Dミートって何?

・穀物の含有量が多い

ナチュラルバランスキャットフードでは、穀物の中ではアレルギーを起こす可能性が低い玄米やオート麦を使用しているので、猫への配慮が伺えますが、玄米を第2原材料、オート麦を第4原材料としているのは、使用量が多過ぎます。
穀物は消化に時間が掛かるため、腸が短い猫には負担となってしまいます。

・自然風味
自然風味だけでは、具体的なフレーバーが分かりません。
また、良質なキャットフードは風味付けをしなくても良い匂いがするので、猫が喜んで食べてくれます。

・塩化カリウム、塩
塩化カリウムは、動物の安楽死や、アメリカの死刑執行の際に使われることがあります。
食塩に含まれていることもありますが、塩化カリウムが使われているキャットフードを飼い猫に与えることはお勧めしません。

また、ナチュラルバランスキャットフードでは、塩分の取り過ぎを防止するために魚の使用量を抑えているにも関わらず、塩を使用するのは本末転倒といえるでしょう。

・乾燥した野菜やベリーが多い
乾燥した野菜やベリーの中でもフリーズドライした食材であれば、食材の栄養素が凝縮され、肉食動物である猫でも効率良く栄養補給ができます。
しかし、ナチュラルバランスキャットフードでは、乾燥への経緯が公表されていないので気に掛かるポイントです。

・栄養の添加が多い
キャットフードは栄養バランスを整えるために栄養素の添加を行ないます。
しかし、ナチュラルバランスキャットフードでは原材料の半数以上が栄養素名となっており、食材から十分な栄養が確保できていないことが分かります。
ということは、食材の品質や安全性にも問題がある可能性が高くなるので、注意が必要です。

・タンパク質の含有量が多い
ナチュラルバランスキャットフードの粗タンパク質は34.0%以上と、一般的なキャットフードに比べてタンパク質が多いです。
問題無い数値ですが、お腹が強くない子の場合は軟便や下痢の原因となるため、フードの切り替えをする際にはいつもより時間を掛けてあげると良いです。

ナチュラルバランスキャットフードの良い点悪い点

以下では、ナチュラルバランスキャットフードの良い点と悪い点をご紹介します。

・良い点  フードの内容量が適度
ナチュラルバランスキャットフードでは、500g(50g×10袋)、2.2ポンド(1kg)、6.3ポンド (2.85kg)の3種類の内容量があり、愛猫の体格に合わせて選ぶ事ができます。

ちなみに、日本で多く流通している2.2ポンドを体重2kgの猫に与える場合、約1ヶ月で食べきれるサイズです。

 

・悪い点  紹介文と原材料がミスマッチ
商品の紹介文では、サプリメントの過剰摂取に警鐘を鳴らしたり、魚の使用量に言及したりしていますが、原材料を確認すると、サプリメントを大量に使用したり、サーモンミールを第6原材料として使用したりと、違和感を覚えるポイントがありました。

ナチュラルバランスキャットフードを食べない子がいるのはどうして?

ナチュラルバランスキャットフードでは、栄養素の添加が多いので、天然の食材の栄養を活かしたキャットフードを食べ慣れている子は人工的な匂いを嫌い、食べないことがあるでしょう。
このような場合、愛猫が好きな食材やウェットフードなどをトッピングしてあげると食べることが多いですが、進んで与えるべきではありません。

ナチュラルバランスキャットフード利用者の口コミ

ナチュラルバランスキャットフード利用者の悪い口コミ

残念ながら合わなかったようです。

男性(年配イマイチ)

2匹飼いです。
9歳になる1匹は特に問題なく食べています。
食いつきも良かったです。
ただ10歳になる方がこちらをあげるようになってから
下痢をするようになってしまいました。
緑色で大量にするのですが、調べると油分や蛋白の多いフードの場合このような症状になる傾向があるようです。
1匹は平気でしたので相性もあると思います。

ただ今まで多くの種類のキャットフードをあげてきましたがこのような問題はなかったのでとてもショックです。
こちらのフードを中止しても下痢が止まらないので明日病院に行ってきます。

引用元:Amazon

ナチュラルバランスキャットフード利用者の良い口コミ

2週間くらいの期間で毛艶、目の輝きが良くなり、それからはどんどん調子が良くなっていきました。

女性1

80点

品質が良いフードを探していた時に薦められたのが、ナチュラルバランスを知るキッカケでした。18歳の子が体調を崩して食欲がない時です。

ふやかして食べさせてあげているうちに、たかだか2週間位の期間で毛艶、目の輝きが良くなり、それからはどんどん調子が良くなっていきました。他のフードも何種類か試しましたが、全てはいてしまい、困り果てていましたから、尚更助けられたと思います。

品質の割りに求め易い価格なのも非常に助かりました。

飼い猫情報:雑種18歳、4歳の2匹 使用期間:ローテーションフードの1つとして2年間

そんなに美味しいのかと思うくらい食い付きが良いです。

女性2

そんなに美味しいのかと思うくらい食い付きが良いです。
うちの子はずっとこれなのですが、お友達に聞かれて教えてあげたら、お友達の猫ちゃんの毛艶がすごく良くなったと喜ばれました。
うちの子も毛艶もウンチの状態もすごく良いです。

引用元:Amazon

ナチュラルバランスキャットフードは果たしておすすめ?総合評価は?

総合評価  D

前項でもご紹介しましたが、ナチュラルバランスキャットフードにはウィークポイントが多過ぎます。
人工保存料を使っていない点は評価できますが、ミートミールを使用したり、栄養素の添加が多かったりする点はマイナスです。

1袋あたり1,700円(2.2ポンド(1kg)の場合)と、決して低価格ではないので、もう少し頑張って欲しいところです。

*筆者btbj.fa略歴*

動物好きが昂じ、2014年よりペット業に就職し、たくさんの飼い主さんのお悩みを伺う内、その多くがペットフードにあることを知り、健康寿命を延ばすことを念頭に、ネコちゃん・ワンちゃんおひとり毎に合ったペットフードを多くの飼い主さんに検討していただくため活動中です。