ジャガーキャットフードの特徴

ジャガーに使用されている食材は、ヒューマングレード(#1)のものから厳選しており、専任の品質管理官によって品質を確認しているので、安全性が高くて健康的です。

また肉食動物の猫に合ったレシピを考案しており、フード全体の80%以上がチキンや鴨肉、サーモンやマスといった動物性タンパク質でできている上、腸が短い猫に適応したグレインフリー(#2)に仕上げているので、体に優しいキャットフードとなっています。

(#1)ヒューマングレード
ヒューマングレードとは、人間用の食品の安全基準をクリアした食材または一部食材を使用したフードのことです。

(#2)グレインフリー
グレインフリーとは、とうもろこしや小麦粉と言った穀物を一切使用していないフードのことです。

ジャガーキャットフードの成分分析

まずは以下の原材料と成分をご覧下さい。

・原材料

骨抜きチキン生肉・鴨生肉、乾燥チキン・乾燥鴨肉、生サーモン・生マス、ジャガイモ、卵、サツマイモ、エンドウ豆、チキンレバー、鶏脂、チキングレイビー、タウリン、DL-メチオニン、アルファルファ、エンドウ豆繊維、サーモンオイル、ミネラル類(アミノ酸水和物亜鉛キレート、アミノ酸水和物鉄キレート、アミノ酸水和物マンガンキレート、アミノ酸水和物第二銅キレート、ヨウ化カリウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンC)、クランベリー、アサイー、ブルーベリー、マルベリー、リンゴ、トマト、オレンジ、梨、ニンジン、ホウレンソウ、カリフラワー、マリーゴールド、海藻、朝鮮ニンジン、緑茶、ショウガ、プロバイオティクス、L-カルニチン

 

・成分

粗タンパク質 40.0%、脂質 20.0%、粗繊維 3.0%、粗灰分 9.0%、エネルギー 約383.5kcal/100g

※以上は、『ジャガー』を参考にしており、シリーズ化はされていません。

ジャガーでは主原料にチキンや鴨肉、サーモンなどといった肉や魚を大量に使用することで、全体の40%がタンパク質、そして20%が脂質という、肉食動物の猫にとっては優れた栄養が配合されています。

また、ビタミンやミネラルの補給として野菜や果物を豊富に使用している点も素晴らしいです。

ジャガーの成分を見る限り特別な欠点は見当たりませんが、あえて言うならば野菜や果物、海藻といった天然の食材を種類豊富に使用しているので、栄養素の添加がもう少し抑えられているとより高い安全性を認識できさらなる好印象が持てたことでしょう。

ジャガーキャットフードの良い点・悪い点

以下では、ジャガーの良い点と悪い点をご紹介します。

・良い点  ヒューマングレード

キャットフードに限らず、ペットフードは法律上、雑貨として扱われています。

そのため、私たち人間が食べている食品と比べると、安全性に欠けていることから、人間がペットフードを食べてはいけないことになっています。

しかし、より安全性の高いキャットフードを求めている飼い主さんが多いので、ジャガーのようにヒューマングレードが着々と増えているのです。

 

・悪い点  高価

ジャガーは1.5kgあたり4,280円(税別)と、市販のキャットフードと比べると、かなり高価なキャットフードです。

その分、体に優しいレシピと良質な食材を使っているので、値段と品質が見合っていますが、多頭飼いをしているお宅では、この価格帯のキャットフードを継続して購入し続けることが難しい飼い主さんも多いことでしょう。

そんな飼い主さんには定期コースがオススメです。
定期コースにお申し込みをすると、最大20%OFFのサービスを受けることもできるので、ジャガーを気に入った方にはオススメのプランもあります。

ジャガーキャットフード利用者の口コミ

ジャガーキャットフード利用者の悪い口コミ

うちの子には合いませんでした。

男性3(イマイチ)

ダメでした。

最初は美味しそうに食べてましたが、だんだんイヤイヤ仕方なく食べてましたが、ひどい下痢になり、うちの子には合いませんでした。

結局、捨ててしまいました。

Amazon

ジャガーキャットフード利用者の良い口コミ

元気になってくれて、安心してます。

女性(年配)

保護猫と暮らして3ヶ月。保護されてからジャガーを食べていました。

そのまま続けてジャガーを食べていますが、缶詰めよりもジャガーばかり食べてくれるので、今は硬めにふやかして2回、ドライを置き餌にしてますが、どんどん太って来ました❗

ガリガリだったので元気になってくれて、安心してます。

Amazon

これを食べるようになってから元気に遊ぶ姿が多くなった気がします。

男性(年配)

食いつきが違います!これを食べるようになってから元気に遊ぶ姿が多くなった気がします。

Amazon

ジャガーキャットフード公式販売サイトはこちら

ジャガーキャットフードを食べない子がいるのはどうして?

ジャガーには豊富な肉や野菜・果物が使われているのでとても体に良いのですが、香料などの添加物を使ったキャットフードを食べ慣れている子は、味気が無く、食べても美味しくないと感じてしまうことがあります。

この場合はキャットフードの切り替えに費やす期間を通常より長く取ってあげてください。

そうすることで、徐々にジャガーの食材の風味に慣れ、食べてくれることでしょう。

また注意点として、ウェットフードや猫用ふりかけをトッピングして、ジャガーをあげるのは控えてください。

市販品をトッピングすると喜んで食べてくれる子が多いのですが、トッピングを減量したり、中止したりすると途端に食べなくなることが多いです。

良質なキャットフードほど、トッピングは控えることをオススメします。

ジャガーキャットフードは果たしておすすめ?総合評価は?

総合評価  A

ジャガーでは、良質なキャットフードとして必要な安全面において、ヒューマングレード・無添加・ミートミール不使用の3拍子をクリアしています。

さらに、猫の体に優しいグレインフリーを採用しており、アレルギーの心配もありません。

あえて言うなら栄養素の添加を止めて、食材から栄養の摂取をする方が望ましいのですが、ジャガーに使われている栄養素の添加量は、体に大きく害を与える量とも思えませんので、総合評価は最高評価であるAと致しました。

*筆者 btbj.fa 略歴*

動物好きが昂じ2014年よりペット業に就職し、たくさんの飼い主さんのお悩みを伺う内、その多くがペットフードにあることを知り、健康寿命を延ばすことを念頭にネコちゃん・ワンちゃんおひとり毎に合ったペットフードを多くの飼い主さんに検討していただくため活動中です。