キャットミックスの特徴

キャットミックス(Cat Mix)は、アメリカのライフエクステンション社が提供する、ビタミンや各種アミノ酸を配合した、パウダー状の栄養補助食品です。

健康を維持するために効果があるアミノ酸、抗酸化物質、プロバイオティクスなど、総合栄養食(#)のキャットフードからは摂取が難しい栄養をフードに混ぜて与えることができるので、日常的に与えることが可能です。

「うちの子は総合栄養食のキャットフードを毎日食べているから心配ない!」と思っている飼い主さんも、新習慣として検討する価値はありますよ。

ちなみに、ライフエクステンション社では人間用のサプリメントや健康食品なども販売しているので、人間の商品を買うついでとして利用もできます。

(#)総合栄養食
総合栄養食とは、その製品と水だけで必要な栄養素が確保できるフードのことです。

キャットミックスの成分分析

まずは以下の成分一覧をご覧下さい。

 

・成分

2スクープ(約1.176g)あたり
抗酸化物質[ビタミンC 25mg、ビタミンE 5IU、緑茶エキス(葉)(ポリフェノール 980mcg 提供)1mg]、スーパーニュートリション[ローズマリー、タイム・セージエキス 10mg]、エッセンシャルビタミン[チアミン 2mg、リボフラビン 1mg、ナイアシン 2.5mg、パントテン酸 2mg、ビタミンB6 2mg、ビタミンB12 2mcg、葉酸 500mcg]、アミノ酸[タウリン 150mg、L-アルギニン 75mg]、タンパク質合成とウォーターバランス[トリメチルグリシン(TMG)(無水ベタイン)25mg]、プロバイオティクス【プロバイオティック濃縮物[L.アシドフィルス、L.プランタラム、B.ビフィダム、B.ラクティス(2億5,000万CFU 提供)] 3mg】、混合カロテノイド[ビタミンAベタテイン 95.5IU]、グルコースメタボリズムとロングエヴィティー[アルファリポ酸 500mcg]

・原材料

卵黄パウダー、タウリン、L-アルギニン、ジカルシウム、リン酸塩、無水ベタイン、アスコルビン酸、マルトデキストリン、コハク酸d-α-トコフェロール、ローズマリーエキス、セージエキス、タイムエキス、ナイアシン、d-パントテン酸カルシウム、ピリドキシン塩酸塩、チアミン塩酸塩、緑茶エキス、リボフラビン、ベタテン[混合カロテノイド(α-カロテン、ルテイン、ゼアキサンチン)を合わせたβ-カロテン]、葉酸、アルファリポ酸、プロバイオティクス(L.アシドフィルス、L.プランタラム、B.ビフィダム、B.ラクティス)、メチルコバラミン

 

※以上は『キャットミックス(CatMix)猫用』を参考にしています。

まずお伝えしたいのは、キャットミックスが栄養補助食品、つまりサプリメントであるということです。

また、猫にとって必要な栄養は総合栄養食のキャットフードから補給ができるので、この製品は必ず摂取しなければいけないものではありません。

しかし、高齢や持病などによっては、総合栄養食が含有する栄養素だけでは不十分な子もおり、そういった子たちは、獣医師の指導に従い、キャットミックスのような栄養補助食品を必要とする場合があります。

それらのことを踏まえて、キャットミックスが特に重要視している栄養素を3つ、ご紹介します。

ビタミンE

ビタミンEには細胞の老化を防ぐ働きがあることから、アンチエイジング効果が期待されています。

さらに、血液の循環を良くする効果があるため、血液を流すためのポンプの役割を果たす心臓に掛かる負担を軽減することが可能です。

猫は高齢になると心臓の働きがとても弱くなるので、血液循環が良くなることは体そのものに与えるダメージを抑えることができるので、愛猫の長寿を願う飼い主さんにこそ、注目して頂きたい成分です。

L-アルギニン

L-アルギニンは、ビタミンEがもたらす効果と似ており、血管を拡張させる効果があります。

血管が広がることで血液の流れが良くなり、心臓への負担が減らせます。

また、血液の循環が良くなることでデトックス効果が現れることから、腫瘍などができにくくなり、その結果、ガンを予防することにつながります。

プロバイオティクス

プロバイオティクスとは乳酸菌の一種で、体内の悪玉菌を退治し、腸内環境を整える効果があります。

腸内が正常に活動していると排泄がスムーズになり、感染症などを引き起こす病原菌や、アレルギーの原因となる成分を排出し、体内に悪い物質を残しにくくなります。

この項目の最後に、キャットミックスなどの栄養補助食品における注意点をお伝えします。

キャットミックスは容量を守って与えることで正しい効果が見込める製品です。そのため大量に摂取したからといって高い効果が見込める製品ではないので、過剰摂取をさせないように注意して下さい。

キャットミックスの良い点・悪い点

以下では、キャットミックスの良い点と悪い点をご紹介します。

 

・良い点  足りない栄養素が補える

このことは人間にも言えるのですが、若い時期は、ある程度の不摂生や無理な生活習慣を送っても、元気に活動ができます。

しかし、年齢を重ねるに連れ、徐々に体が動かなくなっていきます。

もしかしたら、これが最も自然なことなのかもしれませんが、ペットとして飼育をしている以上、1日でも長く健康に生きて欲しいと願うのが飼い主さんの気持ちでしょう。

そのためには、総合栄養食に含有されている必要最低限の栄養素だけでなく、上記でもご紹介したような様々な栄養素を常日頃から摂取することが大切であり、キャットミックスはそのサポートをしてくれます。

もちろん、健康は食事の面だけでなく、適度な運動や良質な排泄なども必要になってくるので、その一環として与える価値があります。

・悪い点  飼い主さんだけでは給餌の調整が難しい

悪い点というほどではないのですが、キャットミックスの使用方法は、1日1回2スクープ(体重6〜9ポンド(2.72〜4.08kg)の猫の場合)をフードなどに混ぜて与えるだけなのですが、使用前には獣医師に相談をするように、ライフエクステンション社では注意を促しています。

飼い主さんが好みのキャットフードを選んで与えることができる総合栄養食とは少し異なるので、一般的なキャットフードと同じ感覚でキャットミックスを与えたい飼い主さんには使いにくいかもしれません。

キャットミックスを食べない子がいるのはどうして?

初めてサプリメントを食べる子は、フードにキャットミックスが混ざっていると嫌がることがあります。

この場合、キャットフードをお湯でふやかして、キャットミックスを練り込んで与えると食べてくれる子もおり、この方法はお薬を与える際に使われることが多いです。

ただ、この方法で食べてくれる子は少数派なので、飼い主さんは「うちの子はサプリメントが嫌い」と決め付けず、その子がキャットミックスに慣れるまで時間を掛けて与えることが賢明です。

キャットミックス利用者の口コミ

現在日本での販売はありません。

キャットミックスは果たしておすすめ?総合評価は?

総合評価  B

栄養成分については素晴らしいです。

ただ、主に人工の栄養素が使われており、自然の食品から採取した栄養は殆ど無いのはマイナス点といたしました。

やはり、自然の食品が持つ栄養が健康な肉体を作ることができることを考慮すると、キャットミックスに固執することはないでしょう。

また、この製品だけで栄養補給ができるわけではないので、今回は総合評価をBにしました。

*筆者 btbj.fa 略歴*

動物好きが昂じてペット業に就職。たくさんの飼い主さんのお悩みを伺う内、その多くがペットフードにあることを知り、健康寿命を延ばすことを念頭に、ネコちゃん・ワンちゃんおひとり毎に合ったペットフードを多くの飼い主さんに検討していただくため活動中です。