空前の猫ブームと言われている今、猫を飼う人が着々と増えてきています。

しかし猫を飼うとなると色々な猫製品を揃えてから飼う必要があり、何が必要なのかも分からない人もいいるのではないでしょうか。

ここでは、猫を飼うために必要なペット製品を紹介していきます。

猫を飼うために必要なペット製品

猫をお家にお迎えをするにあたり、以下のペット製品を揃えておく必要があります。ここでは、【お迎えしたその日に必要なもの】と、【すぐでなくても大丈夫だけれど必要なもの】の2つに分けて紹介していきます。

お迎えしたその日に必要なもの

・キャットフード

猫の年齢に合ったものを選びましょう。

ただし猫を購入した場合は、それまで食べていたキャットフードを購入して与えた方が、環境の変化によるストレスが少なく済みますので、何をあげていたか聞いておくと良いでしょう。

・水入れ

常に新鮮な水を置いておいてあげる必要があります。

普通の水入れでも構いませんし、浄水が出るタイプでも良いので、水入れは必ず用意しましょう。

・キャリー

猫をお家に連れて帰る時に必要です。

また、動物病院に連れていく際にもキャリーは必要になるため、必ず購入をしましょう。

・トイレ

お迎えしたその日にトイレトレーニングをしましょう。

猫はきれい好きで、決まった場所で排泄するので、トイレも必ず用意しましょう。

・猫砂

トイレの中に猫砂を敷き詰めておけば猫はその場所がトイレだと認識をし自分から排泄をします。

そのため、トイレと猫砂は必ずセットで用意しましょう。

・ベッド

猫が安心して眠れる環境を作るためにも、休まるベッドは用意してあげましょう。

・爪とぎ

猫は色々なところで爪とぎをしてしまいがちです。

そのため爪とぎをいくつか用意し、爪をといでも良い場所を作ってあげましょう。

すぐでなくても大丈夫だけれど必要なもの

・おもちゃ

猫とコミュニケーションを取るために、おもちゃは必要です。

また、おもちゃは留守番の時の遊び道具として役立つ他、運動不足解消にも役立ちますので、何種類かおもちゃを用意してあげると良いでしょう。

・首輪
猫は賢いのでドアや引き戸を開けてしまうことがあります。

そのため、脱走をしてしまう可能性もあるので、首輪をつけ、首輪には連絡先なども記しておくようにしましょう。

・爪切り

猫は爪とぎをするから爪切りは不要と思いがちですが、猫も出来れば爪を切ってあげると良いでしょう。

そのためには、子猫のうちから爪切りに慣れさせることが大切です。

・ブラシやスリッカー

猫の毛は、毎日たくさん抜けます。

とくに長毛種の場合、ブラッシングを毎日してあげないと毛玉が出来てしまうので毎日ブラッシングをしてあげましょう。

猫の性質も知ろう

猫を飼うには、必要なペット用品を揃える他、猫がどういう生き物なのかも理解してから飼うことが大切です。

とくに猫は犬と違いとても神経質な生き物です。

そして臆病な面もあるので、接し方にも気を付ける必要があります。

また猫は犬と違い夜行性です。

そのため昼間は寝ていることが多く、夜になると活発に活動をします。

このように、猫は戌と性格自体が異なるため、猫を飼う際は猫がどういう生き物なのかを理解してから飼うようにしましょう。

 

*筆者 ryooooo.co 紹介*

動物看護士として働く傍ら、人間と犬や猫がもっと楽しくお互いが幸せに暮らせるように、医療に限らず犬猫の食・法律・暮らしについて日々勉強しています。