猫アレルギーだけれども猫を飼いたい!猫を飼っていたら猫アレルギーになった!

など、猫が好きなのに猫アレルギーを発症してしまった方も多いのではないでしょうか。

しかし猫アレルギーがあっても対処法をしっかり行えば、猫を飼うこともできると言われています。

一体どのようにすれば良いのでしょうか。

猫アレルギーの症状とは

そもそも猫アレルギーとは、原因となるアレルゲンに触れることにより、アレルギー症状を発症する病気です。

また、猫アレルギーには、具体的に以下のような症状が挙げられます。

 

■くしゃみ・鼻水
■顔が腫れる
■目のかゆみ・赤み
■皮膚のかゆみ
■咳

しかしこれらの症状は個人差があるため、どの症状がでるかは分かりません。

そのため猫と触れ合った際にこれらの症状が出た場合は、病院で検査をしてもらうことをおすすめします。

また、猫アレルギーは花粉症と同じで、ある日突然症状が出ることがあります。

そのため、今まで問題なく猫を飼っていた人でも、ある日突然、猫アレルギーを発症してしまうこともあるということです。

猫アレルギーだけど猫を飼いたい場合は…

猫アレルギーを持っていても猫を飼いたい場合や、猫を飼っている際に猫アレルギーになってしまった場合は、以下の点に注意して飼うことが大切です。

猫アレルギーが出にくい猫を選ぶこと

これから猫を飼おうとしているのであれば、アレルギーの原因であるアレルゲンが少ないとされるベンガル・コーニッシュレックス・バリニーズ・サイベリアンなど低刺激性の猫が良いでしょう。

しかし、必ずしもアレルギー症状が出ないわけでなはいので、飼う前に猫と対面し確認することが必要です。

掃除と空気清浄機

猫アレルギーは、主に猫の唾液・フケ・糞尿に反応することで症状が出ます。

そのため、室内の掃除は毎日行い、清潔な環境を保つことが大切です。また、空気清浄機を活用することもおすすめです。

布張りを避ける

布製の製品は、落ちた被毛やフケが付着しやすくなるため、できるだけ使用を避けるようにしましょう。また、もし使用するのであれば、こまめに掃除をすることが必要です。

日々のブラッシング

被毛は毎日抜け落ちるため、毎日ブラッシングをして皮膚と被毛のお手入れをしてあげましょう。また、その際はマスクを着用することで、アレルゲンの侵入を防ぐことができます。

猫が入れない空間を作る

猫を飼っていると、室内全部を行き来できるようにしてしまう方が多いのですが、できれば猫が入って来られない空間を作ることが大切です。

免疫力を強化する

生活環境の改善も必要ですが、アレルギー症状は、免疫力の低下により症状の重さが異なります。そのため、飼い主さん自身の免疫力を強化するため、規則正しい生活を心がける・ストレスを溜めない・栄養バランスの良い食事をするなど、体の内側も整えましょう。

基本的には、これらの対処法がありますが、アレルギー症状が重い場合は、これらを行っても症状が軽減されないことがあります。

そのためアレルギー症状が重い方は、薬などで対応ができるか、医師に相談してみると良いでしょう。

責任を持ってお世話をしよう

これから猫を飼う人、すでに猫を飼っている人など、猫アレルギーであっても猫を飼っている人は多いようです。

ちなみに猫は平均して17歳前後まで生きることが多い生き物です。

そのため、猫を飼う際は、中途半端な気持ちで飼うのではなく、その子がいつか天国に旅立つ日まで責任を持って飼うことが必要です。

猫を飼う際は【今】だけを考えて飼うのではなく、【先】をしっかりと考えた上で飼うようにしましょう。また、無理をしてまで飼わないことも、【猫のため】でもあることを忘れないようにしましょう。

 

*筆者 ryooooo.co 紹介*

動物看護士として働く傍ら、人間と犬や猫がもっと楽しくお互いが幸せに暮らせるように、医療に限らず犬猫の食・法律・暮らしについて日々勉強しています。